タクトホームとは

TOP > タクトホームとは

タクトホームが提案するのは
住まい実現の新基準です。

夢のマイホームを実現したいと願うお客様にとって
「住み良さ」という品質の新基準はどうあるべきか。
無理なく「夢に近づく」ための価格基準はどう設定すべきか。
永くお住みいただくために「安心」をどう担保すべきか。
地域に密着しながら提案するタクトホームの住まいづくり、
ここに時代のニーズにマッチした新基準があります。

住まいづくりを通じて地域社会に貢献する。

「夢に近づく」というローコストの新基準 「安心」という信頼の新基準 「住み良さ」という良質の新基準

「夢に近づく」というローコストの新基準

良質な住宅を低価格で実現する一貫システム

スピードメリットによる
コストダウン

タクトホームは、戸建住宅用地の仕入れから、プロジェクトの企画・住宅の設計・施工、販売、アフターサービスに至るまで一貫したシステムで低価格と品質の良さを同時に実現しています。

スケールメリットを
活かした宅地開発

さらに、一現場平均5棟の小規模プロジェクトを中心として取り扱い棟数の増加などに努めることで製造原価を圧縮し、お客様にお求めやすい住まいを提供しています。

効率的・有機的な
少数精鋭組織

例えば、販売は地域の不動産業者に委託しています。そのため、少数精鋭でも複数現場の同時売出しが可能となり、販売の効率化と広告費などの経費削減を実現しています。

タクトホームの一貫システム

土地の仕入れ

首都圏郊外など通勤圏で住環境の良い地域が対象

地域の不動産業者と連携して好条件の土地を適正価格で入手し、事前の徹底した市場調査をもとにお客様が望まれる企画プランを策定します。

地質調査

着工前に地質調査を行い適切な基礎仕様を提案

万全を期すために地質の調査を行い、必要な場合にはパイル打ち込みなど地盤強化を行ったのちに基礎工事を実施しています。

設計

間取り4LDKの2世帯同居住宅を基本に設計

日照やプライバシーの保証などにも配慮した設計を実施。多様化するニーズを踏まえ、デザインや耐久性などの品質を吟味しています。

「安心」という信頼の新基準

一貫専任体制による徹底したフォロー体制

建築士や建築施工管理技士が従業員の約28%を占める技術者集団

1級・2級の建築士・建築施工管理技士は約28%※、測量士・測量士補、宅地建物取引主任者を含めると約71%※にも及ぶプロフェッショナルな技術者集団です。
(※平成25年9月30日現在)

様々な法的チェックと
保証体制

タクトホームの住宅は建築基準法などの様々な法規制を受けるとともに、「住宅保証機関」による点検や10年間の長期保証など、住宅の設計・施工からアフターサービスまで安心の保証体制を敷いています。

品質に万全を期す
工程管理

建築施工管理技士を中心として施工計画を作成するとともに、現場で工程管理や品質管理などを実施。タクトホームは、お客様にご満足いただける品質をお約束いたします。

タクトホームの一貫システム

施工

妥協を許さない施工管理、
品質管理

タクトホームは施工がスピーディーですが、工程ごとに進捗状況や仕上がりをお客様の視点で妥協を許すことなく徹底的に管理しています。

販売

販売は地域の不動産業者による仲介がメイン

販売は地域のことをよく知っている不動産業者に委託することで、低コストで良質な戸建住宅の提供を可能にしています。

アフターサービス

アフターサービスも万全、安心の長期保証住宅

住宅保証機関の保証付住宅です。さらにタクトホーム独自の基準に基づき、万一、不具合が生じた場合はすばやく補修施工を行います。

「住み良さ」という良質の新基準

日本の風土のなかでお客様のご満足を実現する住まいづくり

日本の風土に適した
「在来工法」を主に採用

タクトホームは、日本家屋の伝統的な技術と知恵が詰まった在来工法を主に採用。あらゆる敷地に対応でき、住む人のライフサイクルに合わせて増改築なども容易で、躯体の強い高耐震住宅に仕上げることが在来工法は可能だからです。

「住宅保証機関の保証付住宅」などバリューのある住まいづくり

タクトホームの徹底的にこだわった品質は、良質な住宅をより安心して取得できるために、担保されています。

タクトホームの品質チェック体制

家づくりの「感動」をともに「作る」GRAFARE

タクトホームの家づくりに対する思いを表現した新しいブランドネームです。