TOP > タクトホームとは > グラファーレについて > ~安心・安全~ > 住宅性能表示とは

住宅性能表示とは

今まで住宅メーカーなどがそれぞれ独自に表示していた住宅の性能を、国が定めた第三者である「登録住宅性能評価機関」が共通の基準で評価する任意の制度です。住まいの安全・安心の判断指針としてご活用いただくことをおすすめします。
グラファーレは「日本住宅性能表示基準」に基づき、お客さまに設計・建設2つの
性能評価書を取得し、提示いたします。

「設計」・「建設」性能評価書全分譲住宅ダブル取得!!

※今年50
※一部例外あり

「設計性能評価」と「建設性能評価」2つの性能評価を取得することで、決して表面上だけではなく、現場の施工状況も含めた品質を確保し、 それを保証することでお客様への安心・安全を提供できると考えています。

住宅性能表示制度のメリット

①住宅性能表示住宅は地震保険が優遇

品確法に基づく住宅性能評価書(新築及び既存)を取得すると、地震保険料の割引を受けることができます。
具体的には、評価された耐震性能の等級に応じ以下の割引を受けることができます。

②住宅ローンの優遇や保険料の割引

建設住宅性能評価書の交付を受けた住宅は、民間金融機関や公共団体の住宅ローンの優遇を受けられる場合があります。
また、地震に対する強さの程度に応じた地震保険料の割引などもあります。 住宅性能表示制度を利用した新築住宅で、一定の要件を満たすものについては、住宅金融支援機構提携フラット35に係る手続きの簡素化等を受けられます。

③4回の検査

国の指定を受けた評価機関で一級建築士等の資格を持つプロが、第三者の立場でチェックします。
設計段階はもちろんのこと、工事の過程でも現場調査を4回に渡って実施しますので、手抜きなどにまつわる不安を解消します。

④売却時の高い資産価値

法律に基づく性能評価なので、資産価値の維持にも役立ちます。将来、転売することがあった場合でも有利に進めることができます。

■在来工法

4項目全て最高等級を取得

※一部例外あり

構造の安定に関する事

住宅性能表示<住宅性能評価書項目:耐震性能>
地震や風の力が加わった時の建物全体の倒壊・損傷のしにくさを評価します。
耐震等級(構造躯体の倒壊等防止) 等級3(最高等級)取得
耐震等級(構造躯体の損傷防止)等級3(最高等級)取得
耐風等級(構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止) 等級2(最高等級)取得
地盤又は杭の許容支持力等及び設定方法
(地盤又は杭の見込んでいる支持力の大きさとその設定方法を記入)
基礎の構造方法及び形式等(基礎の構造方法及び形式記入)

劣化の軽減に関する事

住宅性能表示<住宅性能評価書項目:劣化の軽減に関すること>
建物の劣化(木材の腐朽等)に対する対策を評価します。
劣化対策等級(構造躯体等)
等級3(最高等級)取得

維持管理への配慮に関する事

住宅性能表示<住宅性能評価書項目:維持管理への配慮に関すること>
給湯給排水管とガス管の日常における維持管理のしやすさを評価します。
維持管理対策等級 等級3(最高等級)取得

温熱環境に関する事

住宅性能表示<住宅性能評価書項目:省エネ性能>
住宅の断熱化による冷暖房時のエネルギーの程度を評価します。
省エネルギー対策等級 等級4(最高等級)取得

「グラファーレ」は、株式会社タクトホームの登録商標です。
その他、本ホームページに記載されている社名及び商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

■IDS工法