SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

タクトホームは、持続可能な開発目標
SDGsを支援しています

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

タクトホームは、
事業を通じてSDGsに取り組み、
ご家族の健康で快適な暮らしをお届けし、
豊かな未来の実現に貢献いたします。

タクトホームの取り組み

ずっと住み続けられる、
住まいのご提供

住宅性能評価

お客様が質の良い住宅を安心して取得出来るよう作られた「住宅性能表示制度」を積極的に取り入れ、最高等級を8項目取得。

IDS工法

I.D.S工法は木造軸組工法の設計自由度と構造用合板パネル工法の耐震性の高さを併せもった工法です。

環境への取り組み

ペーパーレスによる資源保護

文書の電子データ化を促進、紙の使用料を削減し、自然保護とゴミの減量に取り組んでいます。

産業廃棄物への取り組み

IDS工法を採用する事で建築時に排出される廃棄物は少なくし、運搬・処理方法を適切に行い、処理業者と締結し管理運用をしています。

人材の多様性

外国人実習生

外国からの実習生を受け入れ、先進国として国際社会との調和のある経済発展を担う「人づくり」に協力しています。

人材育成キャリア支援

専門的な知識を高めるための社員研修や、育児支援制度など、質の高い教育と働きがいのある環境で、ワークワイフバランスの最適化に取り組んでいます。